医療脱毛について

むだ毛の悩みには、医療レーザー脱毛が、安全で高い効果が得られます。わき、ひざ下の脚、腕、髭、など、いずれの場所も可能です。

当院では、最も脱毛効果のある機種のひとつである、ロングパルスアレキサンドライトレーザー (GentleLASE)による医療レーザー脱毛を行っています。

脱毛用として米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けており、日本でも多くの医療施設で臨床的に使われています。

レーザー照射の直前に冷却ガスが皮膚に噴きつけられる仕組みになっており、レーザー照射に伴う疼痛の軽減と同時に表皮の保護をおこなっています。

Q:医療レーザーを用いると、どのようにして脱毛ができるのでしょうか。

A:まず、レーザーの光は、皮膚に照射するとメラニンなどの黒い色に吸収されて、熱を出します。その時に起こる作用で毛根と毛包(毛穴)の細胞が破壊され、毛をつくることができなくなります。

医療機関でのレーザー脱毛は、皮膚の大切な部分を傷つけることなく、美容的に満足が得られるように毛の本数を減らしていくことができます。毛の周期にあわせた照射回数を必要とするため、1ヶ月以上の期間をあけながら、およそ3から5回の治療が必要となります。

また、メラニンのない毛根には反応しないため、産毛が残る場合があります。レーザー脱毛直後は、照射した皮膚が赤みを帯びたり、少し腫れることがありますが、害になることはありません。日焼けをしたあとに少し似ています。また、かゆみを伴う場合もありますが、炎症がひいていく途中に感じるもので心配は要りません。2から3日後、毛穴の中に残っていた毛が生えてくるように見えますが、自然に脱落していきます。

お気軽にご相談下さい

しのはら形成・皮ふクリニック 0267-67-8825お問い合わせ

▲このページの先頭へ